忍者ブログ
読書&執筆ホリックの書評&書き物ブログ。
[11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [4]  [3]  [2]  [1
【9月13日 AFP】
高度なおしゃべりをすることで世界的に有名なオウムのアレックス(
Alex)が、7日に31歳の生涯を閉じた。アレックスの飼い主であるアイリーン・ペッパーバーグ(Irene Pepperberg)博士(比較心理学)が明らかにした。死因は自然死だったという。
アレックスは、ペッパーバーグ博士から100以上の英単語を教え込まれ、「僕は~をしたい」「僕は~に行きたい」など、目的語や目的地を入れた簡単な会話をすることができた。また、50の物体、7つの色、5つの形を認識し、数を6つまで数えることもできた。「彼は2歳児の感情と5歳児の知性を持っていた」と同博士は指摘する。
米ハーバード大学(
Harvard University)とブランダイス大学(Brandeis University)で教べんをとる同博士は、アレックスを紹介するウェブサイト(www.alexfoundation.org)に次のような追悼文を寄せた。「彼は『オウムは人の言葉を無意識にまねるだけ』という固定観念をくつがえしてくれた。彼は大いなる遺産を残した。鳥の心に対する一般概念を変えただけでなく、バカを表す『bird brain(鳥の脳みそ)』という言葉への認識も変えたのだ」
なお、アレックスは死ぬ前日の夜、自分を鳥かごに入れて去ろうとする博士に「じゃあね、また明日。君を愛してるよ」と声をかけたという。

CNN200709130027.jpg







切ない(TT)
ヨウムのAlexくん。

原文はこちら↓
英語に詳しい人は是非読んでみてください。より染みる。

The last time Pepperberg saw Alex was Thursday, she said. They went through their back-and-forth goodnight routine, which always varied slightly and in which she told him it was time to go in the cage.

She recalls the bird said: "You be good. I love you."

She responded, "I love you, too."

The bird said, "You'll be in tomorrow," 

and she responded, "Yes, I'll be in tomorrow."


改まった挨拶よりも、こういう何気ないひと言が最期の言葉になるっていいなあ。
私もAlexを見習おう。

PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
プロフィール
HN:
kovo
性別:
女性
自己紹介:
80年代産の道産子。本と書き物が生きる糧。ミステリ作家を目指し中。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ
フリーエリア
最新コメント
[02/24 kovo]
[02/24 稀乃]
[01/10 kovo]
[01/10 ゆうこ]
[12/14 kovo]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
Copyright © 【イタクカシカムイ -言霊- 】 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]