忍者ブログ
読書&執筆ホリックの書評&書き物ブログ。
[1903]  [1899]  [1849]  [1900]  [1894]  [1896]  [1902]  [1901]  [1898]  [1897]  [1895
私は浸り、溺れ、そしてたぶん、狂った。



編集者の主人公に、大学の後輩から郵便が届いた。
「読んでください。夜中に、一人で」という手紙とともに、
その中にはある地方都市での奇怪な事件を題材にした
小説の原稿がおさめられていて……
珠玉のホラー短編集。

★収録作品★

 再生
 呼子池の怪魚
 特別料理
 バースデー・プレゼント
 鉄橋
 人形
 眼球奇譚

***

ホラーと呼ばれるものの本質が
時代と共に移り変わっているのかも知れないけれど、
童話を読んでいる感じで本作に怖さは感じなかったな。
話の展開が抽象的過ぎてリアルに想像できないというのもあったし。
「呼子池の怪魚」は、ホラーというジャンルにも関わらず
何だか壮大な終わり方で気に入り一番印象に残った。
やっぱり私は綾辻氏の書くものなら
ホラーよりミステリのほうが好きだな。
「殺人鬼」とかはすごいと思ったけど、
単なる娯楽小説じゃなく「物語」としてのクオリティを求めるなら。
PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
プロフィール
HN:
kovo
性別:
女性
自己紹介:
80年代産の道産子。本と書き物が生きる糧。ミステリ作家を目指し中。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アーカイブ
フリーエリア
最新コメント
[02/24 kovo]
[02/24 稀乃]
[01/10 kovo]
[01/10 ゆうこ]
[12/14 kovo]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
Copyright © 【イタクカシカムイ -言霊- 】 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]