忍者ブログ
読書&執筆ホリックの書評&書き物ブログ。


14歳の女子中学生が、同級生を殺害した容疑で逮捕された。
少女は犯行を認めたけれど、動機は語らない。果たして真相は…。
メフィスト賞作家が描く、社会派青春ミステリ。

***

この著者のデビュー作「キョウカンカク」は
最初図書館で借りて読み、気に入って手元に置いておきたくなって
購入した過去がありますが、その当時は正直
「面白いけどラノベっぽいな。何だかなあ」と思っていました。
そしてかなり久しぶりに著作を読み。。。

ハマった。

警察の捜査本部の会議である刑事が「携帯の操作をミスったものと思われます」
とか発言したり(「ミスった」とか普通言わないので)、
比喩表現がやや陳腐だったり、同じ表現が何度も繰り返し出てきたりと
文章の稚拙さは少しだけ気になったものの、それを補って余りある筆力で
一気に読ませる。先が気になって徹夜で読んでしまいました。
デビュー作はワントリックで引っ張る感じだったけど、本作はミステリとしての
構成がしっかりしていて著者の安定した実力を感じさせる。
また、著者がこの物語を通して訴えたいことがしっかりと伝わってくるので、
単なる娯楽作品以上のものに仕上がっている。
トリックはちょっと手垢が付いたものも出てくるけれど、ラストである人物が
激高して放った台詞には、まるで自分が言われたかのようなショックを受けた。
それだけ物語世界に入り込んでいたんでしょう。
括りとしては「社会派ミステリ」に入るのかも知れないけれど、そのへんの
著者の主張が激しくて物語の進行を邪魔するようなものではなく、
エンタメとして非常に面白く書かれているので、テーマがすんなり心に入ってくる。
「深みのあるミステリ」としてとても楽しませてもらった。

ちなみに本作、某ミステリマニアさんがツイッターでオススメしていたので
興味がわいて読んでみたのですが、そのマニアさんに感謝したい。
非常にお勧めです。
絶望を描いた物語ではあるけれど、決してそれだけではないので。
PR


婚約者・坂庭真実が忽然と姿を消した。
その居場所を探すため、西澤架は、彼女の「過去」と向き合うことになる。
生きていく痛みと苦しさ。その先にあるはずの幸せ──。
2018年本屋大賞『かがみの孤城』の著者が贈る、圧倒的な"恋愛"小説。

***

ネタバレ書評です。

婚活で出会った男女の話だけど、要するに
「運よく好みの男と出会えて幸せな結婚が出来ました」
というだけの物語。

二部構成になっている本作。
一部は失踪した婚約者を探す主人公・架が色々なひとと会話するだけで
数百ページ費やします。
会話だけで物語を進めていく、登場人物の心理描写をするというのは
この著者の十八番なのですが、さすがに食傷気味に。
こっちがはっとするような言葉の表現やひとの心を描くのはうまいっちゃあ
うまいし、会話なしで地の文だけで物語を書かせるとつまらない作家さんなので
これもひとつのスタイルだと受け入れるべきなのですが、
デビュー当時からほぼこのスタンスだと「少しは変わればいいのに」と
思ってしまう。

二部の真実視点での物語も、上述のとおり地の文での展開が主なので
読んでて退屈だった。「青空と逃げる」のキャラが出てきたけど、あれは私は
つまらなくて途中で投げ出したので「ああ、そういえばこんなひとたち出てきたな」
としか思わず。
真実の「キスしたくないひととは結婚出来ない」という言葉に、
ある昔のギャグ漫画の「人間性とはセックス出来ないわ」を思い出した。
確かに、人間性がたとえ素晴らしかろうと「オス」として見れなかったら
恋愛・結婚は無理だよなあとそこは納得した。
でも、そういう「生理的に受け付けなかったら無理」という当たり前のことを
著者が「傲慢」と書いてしまうのはどうなんだろうなあと。

タイトルにもなっている「傲慢」と「善良」という言葉が
作中随所に出てきますが、そこは敢えてその単語を使わず、読者に
「ああ、これが人間の傲慢・善良なところなんだろうな」と考えさせる形をとっても
よかったんじゃないかと思う。読者の想像力を奪ってしまうし、何よりちょっと
単純過ぎる気がしたので。

不思議に思った点が三つ。
悪意の塊みたいな女友達たちと、何故架は親しいのか。
そして一部では人間に対する鋭い洞察力を見せた架を、ラストで真実が
鈍感扱いしているのは何故か。
架は一体どういう心境の変化をたどって、嘘吐いて失踪までした真実のことを
改めて本気で好きになったのか。
納得いく描写がなく、正直詰めが甘いと思った。

ラストは二部である場所が出てきた時点で読めるし、
何だか三流少女漫画みたいで興醒め。
この著者はもっと書けるひとだと思っていたけれど、やっぱり初期ほどのものは
もう書けないんだなとがっかりした。
親子の確執とか田舎コンプレックスをテーマにするのもいい加減もういいよと
思ったし。辻村さんが過去にそういうことがあったんだろうか。

今の時代、出会いが少なくて婚活してる社会人は多いと思うけど、
そういうひとたちからやる気を奪いかねない話だなと思ってしまった。

あまりおすすめしません。


麻美の彼氏の富田がスマホを落としたことが、すべての始まりだった。
拾い主の男はスマホを返却するが、男の正体は狡猾なハッカー。
麻美を気に入った男は、麻美の人間関係を監視し始める。
セキュリティを丸裸にされた富田のスマホが、身近なSNSを介して
麻美を陥れる狂気へと変わっていく。
いっぽう、神奈川の山中では身元不明の女性の死体が次々と発見され……。

***

毒舌レビューになります。

近年稀にみるクソ小説だった。
図書館で借りて読んだけど、買わなくて本当によかった。
文章のあまりの下手さに山田悠介を久々に思い出した。
誰目線なのかわからない視点の混乱。プロと名乗るべきじゃない文法ミスの連発。
何のために書いたのかわからない無駄な伏線。かみ合わない登場人物の会話。

そもそも、どうして主人公が彼氏のスマホを探しているのか。
落とした彼氏本人が探せばいいじゃん。
それと、スマホを受け取りに行ったときに待ち合わせ先の店のひとから
「赤い服を着たあなたにスマホを渡せと言われました」って言われてるのに、
「何で私が赤い服を着てるって知ってるの?」と思いもしないところが変。
いや、そんなのほんの序の口で、とにかく「何でそこでそういう行動に出る?」
「どうしてそんな考え方をする?」とおかしな点が盛りだくさん。
ラストで明かされる過去を抱えていながら、彼氏をやたらと計算高い目で
見てるのも意味不明だし、見下してた彼氏を終盤では「愛してる」とか言い出すのも
主人公のキャラに一貫性がなくてイラつく。最後も無駄に美談にまとめ過ぎだし。
刑事コンビはそれなりに活躍するのかと思いきやただ状況を説明するだけの役。
というか刑事パートは前半「蛭蛭蛭蛭」うるさくて何かの伏線なのかと思いきや
全然どうでもいいし。山田悠介「リアル鬼ごっこ」の「豪華豪華豪華」描写を
思い出した。
あと言葉のチョイスが古すぎ。今どきの若い女が「ソバージュ」なんかかけるか。
(母に言ったら「お母さんでももうソバージュとは言わないわ」と言っていた)
スマホが浸透してる時代なのに未だにFacebookの使い方を知らない主人公も
意味がわからない。ていうかもうFacebook自体古いのに題材にされても。
クライマックスの、同じシーンを主人公視点と犯人視点から書いた描写も、
「同じ台詞二回読まなきゃいけないのかよ」とうんざりした。ああいう表現を
したいならもっと文章に工夫を凝らさなきゃ駄目だろ。ネットのレビューを見たら
その「場面の重複」を「編集ミス」だと思ってる読者もいたぞ。
レビューといえば本作のことを「作家を目指すひとにとってのお手本のような作品」
と書いているひとがいてげんなりした。何なの今の読書家ってそこまで堕ちてんの?
Amazonのレビューが高評価なのがまったくもって信じられないんだけど、
この愚作を面白いと思うひとがあんなに存在するの?
いやそもそも眼が肥えたひとならこんな本最初から手に取らないか。

百歩譲って作者がまだ若いなら今後の伸びしろに期待出来るんだけど、
作者56歳って。。。56歳でこんな文章しか書けないなんて、
今まで一体何してたの?と思わざるを得ない。

こんなゴミが新人賞の最終選考候補に残るなんて、もう日本の文壇終わりかもなあ。。。
ここ数年読んだ中で最もおすすめしません。
おかしな表現はどこか探して推敲する間違い探しドリルとしては役に立つかもね。


裏稼業として人の記憶を取引する「店」で働く銀行員の良平と漫画家志望の健太。
神出鬼没のシンガーソングライター・星名の素性を追うことになった悪友二人組は、
彼女の過去を暴く過程で医者一家焼死事件との関わりと、星名のために命を絶った
ある男の存在を知る。調査を進めるごとに浮かび上がる幾多の謎。
代表曲「スターダスト・ナイト」の歌詞に秘められた願い、
「店」で記憶移植が禁じられた理由、そして脅迫者の影…。
謎が謎を呼び、それぞれの想いと記憶が交錯し絡み合うなか辿り着いた、
美しくも残酷な真実とは?
大胆な発想と圧倒的な完成度が選考会で話題を呼んだ、
第5回「新潮ミステリー大賞」受賞作!

***

新潮ミステリー大賞受賞作は、伊坂幸太郎氏、道尾秀介氏、貴志祐介氏という
大好きな作家さんたちが選考委員を務めているということもあって
全作読んできましたが、すべての作品に期待を裏切られてきたというのが本音。
「サナキの森」はラノベに毛が生えたような婦女子系本格もどき。
「レプリカたちの夜」は文章力と独特の世界観はすごいけれど
まったくミステリではなく単純に面白くないシュールSF。
「夏をなくした少年たち」は登場人物たちの心理描写は卓越しているけれど
ミステリとしてははっきり言ってゴミ。

というわけで本作もさして期待せずに手に取ったのですが。。。

面白かった。
文章が読みやすいのでサクサク読める。
登場人物は皆どこかで見たようなキャラばかりで個性がないけれど
彼らの会話に時折センスが感じられる。
何よりもちゃんとミステリしていて、新潮「ミステリー」大賞受賞作として
納得のいく内容だった。

伏線は一見何気なく張られているけれどそれが後にどう物語に繋がっていくかは
読めてしまうし、「実は〇〇でした」という展開になったときも
正直「うん、知ってた」と思えてしまうところが多かったし、
本作最大の謎も見当がついてしまったのでミステリとしての「そうだったのか!!」
という驚きはなかったけれど、それでも著者の緻密に物語を組み立てる構成力は
素直にすごいと思ったし最後まで楽しく読むことが出来た。
歴代受賞作の中で一番面白く、受賞したことに納得がいく作品だった。

長い黒髪に麦わら帽子に白いワンピースの少女、というのが出てきたときは
テンプレ過ぎるだろとちょっと鼻白んだけど。
あとこの著者、昔の漫画「マインドアサシン」読んだことありそう、と思った。

記憶を扱ったミステリだと、本作が肌に合うひとは織守きょうやさんの
「記憶屋」も楽しめると思います。


常盤優我は仙台市のファミレスで一人の男に語り出す。
双子の弟・風我のこと、決して幸せでなかった子供時代のこと、そして、
彼ら兄弟だけの特別な「アレ」のこと。
僕たちは双子で、僕たちは不運で、だけど僕たちは、手強い。

***

図書館で予約していたものの、待ちきれず買ってしまった本作。
買った三日後に図書館から「来ましたよ」と連絡が来るという間の悪さながらも、
伊坂氏の本だから手元に置いておきたいしな、と思って買ったものを読んだら、
後悔した。

「ラッシュライフ」に見られた伏線の妙もなく、
「重力ピエロ」「アヒルと鴨のコインロッカー」のような切なさも
帯に書かれていた「切ない」の表記にも拘わらず見受けられず、
作中のエピソードがただただ退屈で読むのに時間がかかり、読了後の感想は
「。。。何だこれ」。

主人公の双子が幼少時父親から虐待を受けていたという設定も、
描写不足でそこまで痛ましくは思えず共感出来なくて、
序盤の「ウサギのぬいぐるみ」の伏線も何だかわざとらしく感じて
それが回収されるときには「何で犯人こんなもの取っておいてるの?」と。
双子の片割れ・風我が、実の叔父から水攻めという虐待に遭っている恋人を
水族館デートに連れていこうとしてるのも違和感がありまくりだったし。
ていうか双子の父親は結局どうなったんだ?という尻切れトンボ感も拭えず。

ラストの優我目線での語りはちょっとうまいなと思ったけど、
伊坂氏の本領はこんなものではないはずなのに、と残念に思った。
あとほかの伊坂ファンがどう思ってるかは知らないけど、もうほんといい加減
ダジャレを作中に散りばめるのはやめてほしい。
 
ヤフオクで売ります。
殺されるかもしれないけど、殺す?



計画は完璧なはずだった。
仲間が仲間を殺すまでは――。

那須高原にある保養所に集まった、絵麻をはじめとする10人の男女。
彼らの目的は、自分たちを不幸に陥れた企業「フウジンブレード」の幹部3人を、
復讐のために殺害することだった。計画通り一人目を殺した絵麻たち。
次なる殺人に向けて、しばしの休息をとった彼らが目にしたのは、
仲間の一人の変わり果てた姿だった――。
裏切り者は誰なのか? そしてその目的は?
史上最悪の復讐劇が今始まる!

***

「何でそこでその行動になるんだ?」とか「カリスマ的人物が
全然カリスマに見えない」とか、突っ込みどころ満載なものの
独特の感性やテーマがありそれなりに好きな作家さんの新作。

けれど本作はその「独特の感性」が鳴りを潜め、ごく普通のクローズドサークルものに
なってしまっていたのが残念。
主人公たちの復讐の動機も、「それは復讐したくなるよな」と共感するほどの
ものではないので、感情移入することも出来ず。

犯人もわかったところで驚くようなものではなく、何より
犯人が連続殺人を成功させた理由というのがかなり陳腐。
いや普通そこは被害者も警戒するだろと、突っ込みどころは相変わらずあった。

素人でもわかる当たり前のことを探偵役が話すと
「なるほど、そんな考え方があったのか! すごい!」と周りが絶賛するのも、
「扉は閉ざされたまま」とかのころから変わってないなーと思ってしまった。

あと細かいですが、「ひゅっと息を飲んだ」「ぶんと音をたてて首を振った」
という表現が多すぎて、もうちょっと表現の幅を増やせばいいのにと
僭越ながらも思ってしまった。

内容も、タイトル「崖の上で踊る」とうまく絡んでいないし。

読みやすくさくさく読めた点だけが評価ポイント。
あまりおすすめしません。
ぼくは今も目覚めたまま、きみの夢を見ている。



美丘、きみは流れ星のように自分を削り輝き続けた…
平凡な大学生活を送っていた太一の前に突然現れた問題児。
大学の準ミスとつきあっていた太一は、強烈な個性と奔放な行動力をもつ美丘に
急速に魅かれていく。
だが障害を乗り越え結ばれたとき、太一は衝撃の事実を告げられる。
彼女は治療法も特効薬もない病に冒されていたのだ。
魂を燃やし尽くす気高い恋人たちを描いた涙のラブ・ストーリー。

***

ヒロインが不治の病で死ぬという話は最早お約束ですが、
本作はそれでも著者の表現力・リーダビリティが如何なく発揮されていて
お涙頂戴もののクサさも薄くすいすい読める。

ただ、似た設定の話ならよしもとばななさんの「TUGUMI」のほうが
ヒロインのインパクトや魅力は圧倒的に強かった。
それを受け止める恋人も。
主人公が美丘を好きになった理由はわかるのだけど、逆に美丘が何故
主人公に惹かれたのかがいまいちわからず、そこをもう少し書いてほしかったかな。

あと、後半で残された時間を惜しむようにセックスしまくる
主人公ふたりですが、そこにもうちょっと切実さのようなものがほしかった。
著者は「言わなくてもわかるだろ」と思ったのかも知れないけど、
「ヤリ過ぎだろ」と思ってしまったので。
加えて、美丘の病気が進行するたびに泣きながら抱き合う、っていう
ワンパターンな描写もどうかと。
まあこの話が現実でもほかにどうしようもないだろうけど。

本作の一番評価したい点は正直内容より表紙だったりする。


東京・豊島区で猟奇的な夫婦殺害事件が発生する。
現場には夫と腹部を裂かれた妊娠中の妻が息絶えていた。
警察は僅かな手掛りから劇団員の柴田真樹を犯人と断定し、逮捕する。
初公判当日、入廷した柴田が突然大声を発する。
国選弁護人はこの行為から柴田の司法精神鑑定を請求。
鑑定書には被告人は多重人格、つまり刑事責任能力はなしと記されていた。
そして捜査が打ち切られようとした時、精神鑑定人・小川香深が
被告人の鑑定結果に異を立てる―。

***

相当久しぶりに読み返しました。
当時はワクワクハラハラしながら読んでいた記憶があるけど、
改めて読むと謎とか真相がぼんやりしているというか、説明不足というか、
何か物足りなさを感じてしまった。
主人公・香深が真相を暴くラストシーンも、「え? それだけで?」という
感が否めず。

ただ、私も昔ロールシャッハとかSCTをカウンセリングで受けたことが
あるのですが、「こんなのそのときの気分次第で結果は変わるよなー。。。」と
懐疑的になってしまい、しかも多少それらのテストに対する知識があったので、
純粋に取り組むことが出来なかったこともあって、カウンセリングに対する
猜疑心を本作を読んで改めて思い起こさせられた。

繰り返しになりますが、事件の真相解明に至るまでの経緯も
輪郭が曖昧でぼやっとした印象を受けるので、ミステリとしては
どうだろうか、といったところです。
出版された当時は斬新な物語だったのかも知れないけど。

目が多少肥えた今となってはあまり楽しめなかった。
「『本物』がどんなだか、あいつに見せてやろうよ」



僕に近づいてはいけない。 あなたを殺してしまうから。

週刊誌記者のスクープ獲得の手伝いをしている僕、坂木錠也。
この仕事を選んだのは、スリルのある環境に身を置いて心拍数を高めることで、
“もう一人の僕”にならずにすむからだ。
昔、児童養護施設<青光園>でともに育ったひかりさんが教えてくれた。
僕のような人間を、サイコパスと言うらしい。
ある日、<青光園>の仲間の“うどん”から電話がかかって来て、
平穏な日常が変わり始めた。これまで必死に守ってきた平穏が、壊れてしまう――。

***

夜に「ちょっと読んで寝るかー」と読み始めたら面白過ぎて止まらず、
徹夜で読破してしまった。

道尾氏の著作は「スタフ」あたりからつまらなくて手に取っても
全部数十ページもいかないうちに放り出していたのですが、
久々に大好きだった初期のころを髣髴とさせる道尾節を堪能させてもらった。
道尾氏は変に純文学調の重厚な書き方をせず、こういうエンタメに徹したほうが
一番本領を発揮するなと改めて思った次第。

オチは読めず見事に騙され、でも最初から読み返してみると
至るところに伏線が散りばめられている。
主人公がやってたゲームとか、コンビニで買ったものとか。
こういう昔からミステリにある、手垢のついた「実は〇〇でした」トリックを
ここまで面白く読ませる実力はさすが道尾氏ならでは。

サイコパスが主人公の本作、前に友人に借りて読んだサイコパスについて書かれた
専門書に出てくるサイコパスと比べるとやや平凡に過ぎる印象はあるものの
(サイコパスは得てして周囲の人間を魅了する魅力を持っていることが多いので)、
まあ物語の主題はそこじゃないしそういう上辺の魅力を持つサイコパスものを
読みたいなら貴志祐介氏の「悪の教典」を読めばいいしな。

そういえば昔知人が「俺はサイコパスかも知れない。調べたらほとんど
自分に当てはまる」と何故か嬉しそうに言ってたけど、
ちょっとのことでヘタレてテンパる、人殺しする度胸なんかありそうにもない
そのひとは完全なサイコパスもどきで、でもその本性を知らない人間からは
やたらとモテてたのを思い出した。まあ彼にもその片鱗ぐらいはあったんでしょう。

ラストはちょっと綺麗に纏めすぎかなとは思ったけど、
全体に陰惨な物語なので唯一の救いのシーンであるのも確か。
私的には終始一貫どす黒くても一向に構わなかったのだけど、それだと
一般受けが悪いんだろうな。

徹夜で一冊本を読んだなんてものすごく久しぶりの体験だった。
非常におすすめです。
ちなみに本作が好きなひとは、前述の「悪の教典」と
辻村深月の「子どもたちは夜と遊ぶ」もおすすめ。
あと漫画の「MONSTER」も。
私は月島の彼女になりたいと望む一方で、女になることを見下していた。
見つめ合いたいと思う一方で、同じ方向を見据えて肩を並べたいと思っていた。



SEKAI NO OWARI Saoriによる初小説、ついに刊行。第158回直木賞候補作。

大切な人を大切にすることが、こんなに苦しいなんて――。

彼は私の人生の破壊者であり想造者だった。
異彩の少年に導かれた少女。その苦悩の先に見つけた確かな光。

***

セカオワのSaoriの自伝的小説。
芸能人の書いた小説を読むとき、どうしても偏見から
構えてしまうことがあるのですが、本作は当たりだった。

まずは恋愛的要素から。
恋をしたことがある人間(特に女性)なら誰しもが共感するような
苦しみがこれでもかと伝わってくる。
恐らくはSaoriが実体験から書いているのだろう内容だから、
リアルであるのは当たり前なのかも知れないけど、
自分の気持ちをうまく文章化することに見事成功している。

どうしてもセカオワのFUKASE(Vo.)とSaoriを
主人公ふたりに当てはめて読んでしまうので
彼らの顔が浮かんでしまって完全に物語として読むことは難しかったけど、
内容が面白く、また文体もセンスがあって読みやすく、
あっという間に読んでしまった。

主人公であるSaoriの分身は、よく言えば繊細で真面目、
悪く言えば考えすぎで神経質な部分があるのだけど、
恐らくはそういう部分を月島(FUKASE)が
「何言ってるの。いいから行こうよ」と背中を(ちょっと強めに)
押していたのだろうな、と感じられた。いいコンビだと思う。
セカオワのバンド名の由来は、「自分の世界の終わりに唯一残った仲間と組んだ
バンドだから」というものだと前に何かで読んだことがあるけれど、
本作を読んで「なるほどこういうことだったんだな」と納得がいった。

友達でも恋人でもない、けれどそういう肩書きを超越した
絶対的な絆もあるのだということが、本作には書かれている。
もし自分がFUKASEの恋人だったら、「ああ、このふたりの結び付きには
敵わないな」と白旗をあげていたかも知れない。いや確実にあげている。

個人的な話をすると、私も昔別れて尚、心の病気を抱えた元恋人を
「介護」した経験があるので、主人公の女の子の気持ちはとてもよくわかった。
私の場合は自分も相手と同じ病気に罹ったことがあったので
相手の病状を理解することが出来たけど、心が健康な人間にとって
心の病を持つ人間を理解し、受け止めるのは相当に難しいことだっただろうし、
それでも月島から離れなかった、そして共依存になってしまわずに
自分の意見をはっきりと言い、自分の生き方を出来る限り崩さないようにした
彼女はとても大人びていて偉いと思った。
目指すもののために女として自分を繕うことを放棄した彼女が、
この上なく格好よく見えた。

ラスト一行には鳥肌が立った。

又吉直樹氏然り、自分の世界のことを書く芸能人作家は
二作目の完全なフィクションから面白くなくなっていくという法則みたいな
ものがあるけど(加藤シゲアキ氏は面白いけれど)、
彼女にはまた感動出来る二作目を書いてほしいと思う。

非常におすすめです。
プロフィール
HN:
kovo
性別:
女性
自己紹介:
80年代産の道産子。本と書き物が生きる糧。ミステリ作家を目指し中。
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アーカイブ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
Copyright © 【イタクカシカムイ -言霊- 】 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]