忍者ブログ
読書&執筆ホリックの書評&書き物ブログ。


裏稼業として人の記憶を取引する「店」で働く銀行員の良平と漫画家志望の健太。
神出鬼没のシンガーソングライター・星名の素性を追うことになった悪友二人組は、
彼女の過去を暴く過程で医者一家焼死事件との関わりと、星名のために命を絶った
ある男の存在を知る。調査を進めるごとに浮かび上がる幾多の謎。
代表曲「スターダスト・ナイト」の歌詞に秘められた願い、
「店」で記憶移植が禁じられた理由、そして脅迫者の影…。
謎が謎を呼び、それぞれの想いと記憶が交錯し絡み合うなか辿り着いた、
美しくも残酷な真実とは?
大胆な発想と圧倒的な完成度が選考会で話題を呼んだ、
第5回「新潮ミステリー大賞」受賞作!

***

新潮ミステリー大賞受賞作は、伊坂幸太郎氏、道尾秀介氏、貴志祐介氏という
大好きな作家さんたちが選考委員を務めているということもあって
全作読んできましたが、すべての作品に期待を裏切られてきたというのが本音。
「サナキの森」はラノベに毛が生えたような婦女子系本格もどき。
「レプリカたちの夜」は文章力と独特の世界観はすごいけれど
まったくミステリではなく単純に面白くないシュールSF。
「夏をなくした少年たち」は登場人物たちの心理描写は卓越しているけれど
ミステリとしてははっきり言ってゴミ。

というわけで本作もさして期待せずに手に取ったのですが。。。

面白かった。
文章が読みやすいのでサクサク読める。
登場人物は皆どこかで見たようなキャラばかりで個性がないけれど
彼らの会話に時折センスが感じられる。
何よりもちゃんとミステリしていて、新潮「ミステリー」大賞受賞作として
納得のいく内容だった。

伏線は一見何気なく張られているけれどそれが後にどう物語に繋がっていくかは
読めてしまうし、「実は〇〇でした」という展開になったときも
正直「うん、知ってた」と思えてしまうところが多かったし、
本作最大の謎も見当がついてしまったのでミステリとしての「そうだったのか!!」
という驚きはなかったけれど、それでも著者の緻密に物語を組み立てる構成力は
素直にすごいと思ったし最後まで楽しく読むことが出来た。
歴代受賞作の中で一番面白く、受賞したことに納得がいく作品だった。

長い黒髪に麦わら帽子に白いワンピースの少女、というのが出てきたときは
テンプレ過ぎるだろとちょっと鼻白んだけど。
あとこの著者、昔の漫画「マインドアサシン」読んだことありそう、と思った。

記憶を扱ったミステリだと、本作が肌に合うひとは織守きょうやさんの
「記憶屋」も楽しめると思います。
PR


常盤優我は仙台市のファミレスで一人の男に語り出す。
双子の弟・風我のこと、決して幸せでなかった子供時代のこと、そして、
彼ら兄弟だけの特別な「アレ」のこと。
僕たちは双子で、僕たちは不運で、だけど僕たちは、手強い。

***

図書館で予約していたものの、待ちきれず買ってしまった本作。
買った三日後に図書館から「来ましたよ」と連絡が来るという間の悪さながらも、
伊坂氏の本だから手元に置いておきたいしな、と思って買ったものを読んだら、
後悔した。

「ラッシュライフ」に見られた伏線の妙もなく、
「重力ピエロ」「アヒルと鴨のコインロッカー」のような切なさも
帯に書かれていた「切ない」の表記にも拘わらず見受けられず、
作中のエピソードがただただ退屈で読むのに時間がかかり、読了後の感想は
「。。。何だこれ」。

主人公の双子が幼少時父親から虐待を受けていたという設定も、
描写不足でそこまで痛ましくは思えず共感出来なくて、
序盤の「ウサギのぬいぐるみ」の伏線も何だかわざとらしく感じて
それが回収されるときには「何で犯人こんなもの取っておいてるの?」と。
双子の片割れ・風我が、実の叔父から水攻めという虐待に遭っている恋人を
水族館デートに連れていこうとしてるのも違和感がありまくりだったし。
ていうか双子の父親は結局どうなったんだ?という尻切れトンボ感も拭えず。

ラストの優我目線での語りはちょっとうまいなと思ったけど、
伊坂氏の本領はこんなものではないはずなのに、と残念に思った。
あとほかの伊坂ファンがどう思ってるかは知らないけど、もうほんといい加減
ダジャレを作中に散りばめるのはやめてほしい。
 
ヤフオクで売ります。
殺されるかもしれないけど、殺す?



計画は完璧なはずだった。
仲間が仲間を殺すまでは――。

那須高原にある保養所に集まった、絵麻をはじめとする10人の男女。
彼らの目的は、自分たちを不幸に陥れた企業「フウジンブレード」の幹部3人を、
復讐のために殺害することだった。計画通り一人目を殺した絵麻たち。
次なる殺人に向けて、しばしの休息をとった彼らが目にしたのは、
仲間の一人の変わり果てた姿だった――。
裏切り者は誰なのか? そしてその目的は?
史上最悪の復讐劇が今始まる!

***

「何でそこでその行動になるんだ?」とか「カリスマ的人物が
全然カリスマに見えない」とか、突っ込みどころ満載なものの
独特の感性やテーマがありそれなりに好きな作家さんの新作。

けれど本作はその「独特の感性」が鳴りを潜め、ごく普通のクローズドサークルものに
なってしまっていたのが残念。
主人公たちの復讐の動機も、「それは復讐したくなるよな」と共感するほどの
ものではないので、感情移入することも出来ず。

犯人もわかったところで驚くようなものではなく、何より
犯人が連続殺人を成功させた理由というのがかなり陳腐。
いや普通そこは被害者も警戒するだろと、突っ込みどころは相変わらずあった。

素人でもわかる当たり前のことを探偵役が話すと
「なるほど、そんな考え方があったのか! すごい!」と周りが絶賛するのも、
「扉は閉ざされたまま」とかのころから変わってないなーと思ってしまった。

あと細かいですが、「ひゅっと息を飲んだ」「ぶんと音をたてて首を振った」
という表現が多すぎて、もうちょっと表現の幅を増やせばいいのにと
僭越ながらも思ってしまった。

内容も、タイトル「崖の上で踊る」とうまく絡んでいないし。

読みやすくさくさく読めた点だけが評価ポイント。
あまりおすすめしません。
ぼくは今も目覚めたまま、きみの夢を見ている。



美丘、きみは流れ星のように自分を削り輝き続けた…
平凡な大学生活を送っていた太一の前に突然現れた問題児。
大学の準ミスとつきあっていた太一は、強烈な個性と奔放な行動力をもつ美丘に
急速に魅かれていく。
だが障害を乗り越え結ばれたとき、太一は衝撃の事実を告げられる。
彼女は治療法も特効薬もない病に冒されていたのだ。
魂を燃やし尽くす気高い恋人たちを描いた涙のラブ・ストーリー。

***

ヒロインが不治の病で死ぬという話は最早お約束ですが、
本作はそれでも著者の表現力・リーダビリティが如何なく発揮されていて
お涙頂戴もののクサさも薄くすいすい読める。

ただ、似た設定の話ならよしもとばななさんの「TUGUMI」のほうが
ヒロインのインパクトや魅力は圧倒的に強かった。
それを受け止める恋人も。
主人公が美丘を好きになった理由はわかるのだけど、逆に美丘が何故
主人公に惹かれたのかがいまいちわからず、そこをもう少し書いてほしかったかな。

あと、後半で残された時間を惜しむようにセックスしまくる
主人公ふたりですが、そこにもうちょっと切実さのようなものがほしかった。
著者は「言わなくてもわかるだろ」と思ったのかも知れないけど、
「ヤリ過ぎだろ」と思ってしまったので。
加えて、美丘の病気が進行するたびに泣きながら抱き合う、っていう
ワンパターンな描写もどうかと。
まあこの話が現実でもほかにどうしようもないだろうけど。

本作の一番評価したい点は正直内容より表紙だったりする。


東京・豊島区で猟奇的な夫婦殺害事件が発生する。
現場には夫と腹部を裂かれた妊娠中の妻が息絶えていた。
警察は僅かな手掛りから劇団員の柴田真樹を犯人と断定し、逮捕する。
初公判当日、入廷した柴田が突然大声を発する。
国選弁護人はこの行為から柴田の司法精神鑑定を請求。
鑑定書には被告人は多重人格、つまり刑事責任能力はなしと記されていた。
そして捜査が打ち切られようとした時、精神鑑定人・小川香深が
被告人の鑑定結果に異を立てる―。

***

相当久しぶりに読み返しました。
当時はワクワクハラハラしながら読んでいた記憶があるけど、
改めて読むと謎とか真相がぼんやりしているというか、説明不足というか、
何か物足りなさを感じてしまった。
主人公・香深が真相を暴くラストシーンも、「え? それだけで?」という
感が否めず。

ただ、私も昔ロールシャッハとかSCTをカウンセリングで受けたことが
あるのですが、「こんなのそのときの気分次第で結果は変わるよなー。。。」と
懐疑的になってしまい、しかも多少それらのテストに対する知識があったので、
純粋に取り組むことが出来なかったこともあって、カウンセリングに対する
猜疑心を本作を読んで改めて思い起こさせられた。

繰り返しになりますが、事件の真相解明に至るまでの経緯も
輪郭が曖昧でぼやっとした印象を受けるので、ミステリとしては
どうだろうか、といったところです。
出版された当時は斬新な物語だったのかも知れないけど。

目が多少肥えた今となってはあまり楽しめなかった。
「『本物』がどんなだか、あいつに見せてやろうよ」



僕に近づいてはいけない。 あなたを殺してしまうから。

週刊誌記者のスクープ獲得の手伝いをしている僕、坂木錠也。
この仕事を選んだのは、スリルのある環境に身を置いて心拍数を高めることで、
“もう一人の僕”にならずにすむからだ。
昔、児童養護施設<青光園>でともに育ったひかりさんが教えてくれた。
僕のような人間を、サイコパスと言うらしい。
ある日、<青光園>の仲間の“うどん”から電話がかかって来て、
平穏な日常が変わり始めた。これまで必死に守ってきた平穏が、壊れてしまう――。

***

夜に「ちょっと読んで寝るかー」と読み始めたら面白過ぎて止まらず、
徹夜で読破してしまった。

道尾氏の著作は「スタフ」あたりからつまらなくて手に取っても
全部数十ページもいかないうちに放り出していたのですが、
久々に大好きだった初期のころを髣髴とさせる道尾節を堪能させてもらった。
道尾氏は変に純文学調の重厚な書き方をせず、こういうエンタメに徹したほうが
一番本領を発揮するなと改めて思った次第。

オチは読めず見事に騙され、でも最初から読み返してみると
至るところに伏線が散りばめられている。
主人公がやってたゲームとか、コンビニで買ったものとか。
こういう昔からミステリにある、手垢のついた「実は〇〇でした」トリックを
ここまで面白く読ませる実力はさすが道尾氏ならでは。

サイコパスが主人公の本作、前に友人に借りて読んだサイコパスについて書かれた
専門書に出てくるサイコパスと比べるとやや平凡に過ぎる印象はあるものの
(サイコパスは得てして周囲の人間を魅了する魅力を持っていることが多いので)、
まあ物語の主題はそこじゃないしそういう上辺の魅力を持つサイコパスものを
読みたいなら貴志祐介氏の「悪の教典」を読めばいいしな。

そういえば昔知人が「俺はサイコパスかも知れない。調べたらほとんど
自分に当てはまる」と何故か嬉しそうに言ってたけど、
ちょっとのことでヘタレてテンパる、人殺しする度胸なんかありそうにもない
そのひとは完全なサイコパスもどきで、でもその本性を知らない人間からは
やたらとモテてたのを思い出した。まあ彼にもその片鱗ぐらいはあったんでしょう。

ラストはちょっと綺麗に纏めすぎかなとは思ったけど、
全体に陰惨な物語なので唯一の救いのシーンであるのも確か。
私的には終始一貫どす黒くても一向に構わなかったのだけど、それだと
一般受けが悪いんだろうな。

徹夜で一冊本を読んだなんてものすごく久しぶりの体験だった。
非常におすすめです。
ちなみに本作が好きなひとは、前述の「悪の教典」と
辻村深月の「子どもたちは夜と遊ぶ」もおすすめ。
あと漫画の「MONSTER」も。
私は月島の彼女になりたいと望む一方で、女になることを見下していた。
見つめ合いたいと思う一方で、同じ方向を見据えて肩を並べたいと思っていた。



SEKAI NO OWARI Saoriによる初小説、ついに刊行。第158回直木賞候補作。

大切な人を大切にすることが、こんなに苦しいなんて――。

彼は私の人生の破壊者であり想造者だった。
異彩の少年に導かれた少女。その苦悩の先に見つけた確かな光。

***

セカオワのSaoriの自伝的小説。
芸能人の書いた小説を読むとき、どうしても偏見から
構えてしまうことがあるのですが、本作は当たりだった。

まずは恋愛的要素から。
恋をしたことがある人間(特に女性)なら誰しもが共感するような
苦しみがこれでもかと伝わってくる。
恐らくはSaoriが実体験から書いているのだろう内容だから、
リアルであるのは当たり前なのかも知れないけど、
自分の気持ちをうまく文章化することに見事成功している。

どうしてもセカオワのFUKASE(Vo.)とSaoriを
主人公ふたりに当てはめて読んでしまうので
彼らの顔が浮かんでしまって完全に物語として読むことは難しかったけど、
内容が面白く、また文体もセンスがあって読みやすく、
あっという間に読んでしまった。

主人公であるSaoriの分身は、よく言えば繊細で真面目、
悪く言えば考えすぎで神経質な部分があるのだけど、
恐らくはそういう部分を月島(FUKASE)が
「何言ってるの。いいから行こうよ」と背中を(ちょっと強めに)
押していたのだろうな、と感じられた。いいコンビだと思う。
セカオワのバンド名の由来は、「自分の世界の終わりに唯一残った仲間と組んだ
バンドだから」というものだと前に何かで読んだことがあるけれど、
本作を読んで「なるほどこういうことだったんだな」と納得がいった。

友達でも恋人でもない、けれどそういう肩書きを超越した
絶対的な絆もあるのだということが、本作には書かれている。
もし自分がFUKASEの恋人だったら、「ああ、このふたりの結び付きには
敵わないな」と白旗をあげていたかも知れない。いや確実にあげている。

個人的な話をすると、私も昔別れて尚、心の病気を抱えた元恋人を
「介護」した経験があるので、主人公の女の子の気持ちはとてもよくわかった。
私の場合は自分も相手と同じ病気に罹ったことがあったので
相手の病状を理解することが出来たけど、心が健康な人間にとって
心の病を持つ人間を理解し、受け止めるのは相当に難しいことだっただろうし、
それでも月島から離れなかった、そして共依存になってしまわずに
自分の意見をはっきりと言い、自分の生き方を出来る限り崩さないようにした
彼女はとても大人びていて偉いと思った。
目指すもののために女として自分を繕うことを放棄した彼女が、
この上なく格好よく見えた。

ラスト一行には鳥肌が立った。

又吉直樹氏然り、自分の世界のことを書く芸能人作家は
二作目の完全なフィクションから面白くなくなっていくという法則みたいな
ものがあるけど(加藤シゲアキ氏は面白いけれど)、
彼女にはまた感動出来る二作目を書いてほしいと思う。

非常におすすめです。
When you have eliminated the impossible,whatever remains,
however improbable,must be the truth.


 
 
「謎はすべて解けました。これは――奇蹟です。」

かつて、カルト宗教団体が首を斬り落とす集団自殺を行った。
その十数年後、唯一の生き残りの少女は事件の謎を解くために、
青髪の探偵・上苙丞(うえおろじょう)と相棒のフーリンのもとを訪れる。

彼女の中に眠る、不可思議な記憶。
それは、ともに暮らした少年が首を切り落とされながらも、
少女の命を守るため、彼女を抱きかかえ運んだ、というものだった――。
首なし聖人の伝説を彷彿とさせる、その奇跡の正体とは……!?

探偵は、奇蹟がこの世に存在することを証明するため、
すべてのトリックが不成立であることを立証する!!

***

読んでいてそれなりに面白かった。
単に探偵が推理するのではなく、トリックなど存在しない
「奇跡」を信じる彼に数多の人間が仕掛けてくる
「いや、トリックはある。これは人間の犯行だ」という数々の推理を、
探偵が「いや、それはあり得ない」と具体的な例を挙げて反証するという
スタイルはなかなかに斬新。

ただ、そのスタイルがどうしても同氏のデビュー作「恋と禁忌の術語論理」と
被る。あちらのほうがインパクトが強かったため、比べてみると
本作は霞んでしまう印象。

あと、文章の巧みさ、美しさにこだわる私としては、
著者の文章の拙さというかラノベ感がどうにも読んでいてつらかった。
語り手の中国人が、「中国人が喋る日本語」を使っているのも
ヘタな漫画感があって何だかなあという感じ。

著者のデビュー作にも登場する探偵・上苙の過去を知ることが出来たのは
「そんな過去があったのか」とちょっと嬉しかったけど。
けれど繰り返しになるけど、物語の作りがどうにもデビュー作と被るので、
「またこの手の小説か」と思ってしまったのも事実。
この作家さんの著作は本作を含めて二冊しか読んでいないので、
ほかの作品は違うのかも知れないけど、ワンパターン化してるな、と
思ってしまった。
だいたいこの上苙という探偵、デビュー作の主人公にその推理をあっけなく論破
されてるので、「大した探偵じゃない」という刷り込みがなされてしまっていて
キャラは好きだけどいまいちその凄さを感じられなかった。
「こんなすごい探偵の推理さえもデビュー作の主人公は論破してしまえたんだ」
と感嘆することも可能だったはずだけど、そこまで思うには至らず。
探偵役への語り手の恋心を仄めかす展開もやはりデビュー作と若干被るし。
クライマックスも、「何でこのイタリア人日本語わかるんだよ」と
無粋とは知りつつも突っ込みを入れてしまった。

。。。とマイナス要素ばかり書きましたが、最近のミステリは
薄っぺらくてつまらないものが多いので、その点ではかなり楽しむことが出来た。
上から目線でなんだけど、著者がもうちょっと筆力をつけてくれれば
もっと好きになれるのに、と思う。
止揚を使って纏めたミステリも初めて読んだ気がするので、その点は
単純に凄いと思ったし、かなり実力を秘めた作家さんだと思うので。

また近々別の著作も読んでみるかー。


まさか、美人で頭のいいあの久曽神静香が結婚?
彼女をとりまく人々は、戸惑いつつも結婚式に出席する。
<新婦出席者>
佐古怜美 静香の幼稚園からの唯一の友人。
桜井祐介 高校生時代の久曽神に恋をした美容師。
富永仁 静香が足繁く通った結婚相談所の担当。
<新郎出席者>
高原満男 妹が結婚詐欺にあった警官。
小暮宏 三年間で十四回結婚式に代理出席。
その結婚相手には深い謎があった。
予測できないフィナーレが待っている!連作長篇。

***

面白くて一日で一気読み。
そういう本に久々に出会った。
やっぱりこの作者はミステリが真骨頂。

ヒロインの静香が魅力的過ぎて同性でもハマる。
こんなひとが友人ひとりしかいないとか32まで結婚してないとか
ありえんだろ絶対友達になりたいし
私が男なら一生懸けて猛アプローチするわってぐらい。

第二章を読み終えたあと、「オチはこうだな」と自分なりに
読んでいたのだけど、三章から雲行きが怪しくなり、ラストは
まったく予想外の展開に。
読後最近のクソ暑さを吹き飛ばすほどの爽快感を味わうことが出来た。

こういう魅力的な変人を描くのがこの作者は本当にうまいけど、
今まで読んだ同著者の著作の中でも静香は一番好きなキャラかも知れない。

「結婚」というものに対する登場人物たちの考えも
なるほどなーと思わされるものばかりだったし、
静香が結婚相談所を介して会って「あの男は駄目だ」とケチをつける男たちも
あーいるいるそういうやつ、という人間ばかりで笑った。

静香は本当に「本物」を見抜く目を持ってるよなーと感心させられた。
非常におすすめです。是非一読を。
俺も許されたいから。



歯科医院の跡取り息子の卓郎、中学3年生。平凡な地味キャラの自覚があるが、
学校一モテる美女ユーカに何故か告白され、付き合っている。
ある理由から、肉食女子ユーカの猛攻を避けている中、卓郎のクラスに
教育実習生がやってくる。陰気で冴えない女子大生に男子たちはがっかりだが、
卓郎は彼女に見覚えがある気がして…。
等身大の中学生の悩みと、それぞれの「秘密」を描くビターな青春小説。

***

デビュー作「プールの底に眠る」に感動し、
続く「角のないケシゴムは嘘を消せない」を壁に投げつけたという、
私的には当たり外れの極端に大きいと思う作家さん。

本作は。。。まあ、普通。
主人公の中三のタクローはその場凌ぎの嘘を吐いてはその場をやり過ごそうとし、
結局やり過ごせずテンパるアホで、あまり好きになれなかった。
というか登場人物全員がどこか生理的に嫌悪感を催す人間ばかりで、
まあその生々しいリアルさが白河節だとは理解しているつもりなのだけど、
読んでいる間中イライラした。
展開もどこか同氏の著作「私を知らないで」に似てる気がしたし。

そして主人公の感情の説明がいちいち長い。
ひとつの感情描写のモノローグに10行近く余裕でいったりする。
丹念に書き込んでいるというよりくどいという印象を受けた。
対して主人公の姉の心理は描写不足という感が否めず。

主人公が彼女に言いたい放題言うシーンはスカっとしたけど。
駄作だとは思わないしある程度よくまとまっているとは思うけど、
読んでいて心を動かされるってことはなかったな。
ところどころクサいし。まあこれはいい歳した大人が読むものではないなと
思った。
中学時代を思い出して感慨に耽るという読み方も出来たはずだけど、
主人公たちの思考回路が子供っぽくないのでそれも出来ず。

ていうかミステリを期待して読んだのですが、これ全然ミステリじゃなかったし。
また「プールの底に眠る」みたいな切ないミステリを書いてほしいものです。
プロフィール
HN:
kovo
性別:
女性
自己紹介:
80年代産の道産子。本と書き物が生きる糧。ミステリ作家を目指し中。
カレンダー
02 2019/03 04
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アーカイブ
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
Copyright © 【イタクカシカムイ -言霊- 】 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]