忍者ブログ
読書&執筆ホリックの書評&書き物ブログ。
[1911]  [1908]  [1904]  [1877]  [1899]  [1849]  [1900]  [1894]  [1896]  [1901]  [1898
夜が明けていく。



友人がビルから飛び降りようとしている現場で、
霧子は黒ずくめの不思議な男と出会った。
彼の名前は椿林太郎。学習障害児の教育に才能を発揮する、
優秀ですこし変わった小学校教師。
霧子は彼に魅かれていくが、実は彼には知られざる能力があって…。
生への根源的な問いを放つ、傑作長編。

***

ジャンルの区切りが悪い意味で曖昧。
夫婦愛を描きたいのか、林太郎の不思議な魅力が描きたいのか、
子供にはどう接するべきかを描きたいのか、何だかもう
そういうのが皆中途半端でぼやけた印象を受けた。
何よりヒロイン・霧子の不躾で自分勝手な性格が好きになれない。
達観しているというよりどこか冷めた印象の林太郎も。
そしてよりにもよって最後は○○オチかい!と
読んだことを少し後悔すらした。
最後の霧子の言葉はちょっとよかったけど。
可もなく不可もなく、といった小説でした。
読み終えてタイトルの意味がわかったときだけ少し感動したかな。
PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
プロフィール
HN:
kovo
性別:
女性
自己紹介:
80年代産の道産子。本と書き物が生きる糧。ミステリ作家を目指し中。
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アーカイブ
フリーエリア
最新コメント
[02/24 kovo]
[02/24 稀乃]
[01/10 kovo]
[01/10 ゆうこ]
[12/14 kovo]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
Copyright © 【イタクカシカムイ -言霊- 】 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]