忍者ブログ
読書&執筆ホリックの書評&書き物ブログ。
[1289]  [2017]  [2016]  [2015]  [2014]  [2013]  [2012]  [2011]  [2010]  [2009



かつて祖母が暮らしていた村を訪ねた「私」。祖母は、
同居していた曾祖父を惨殺して村から追放されたのだ。
彼女は何故、余命わずかだったはずの曾祖父を殺さねばならなかったのか…
究極の選択を迫られた女たちの悲劇を、端正な筆致と鮮やかなレトリックで
描き出す、ミステリ短篇集の新たなるマスターピース!
磨き抜かれたプロットが、日常に潜む狂気をあぶりだす全5篇。

***

かなり久しぶりの更新になってしまいました。
元旦からダイエットを始め(23キロ痩せました)、
四月からヴァイオリンを習い始め、
それらに躍起になっていたら時間だけが経ってしまった。

というのはさておき、最近レビューを書かなかったのは
あまりにつまらない本が多かったからなのですが。
なんとか荘がどうのとかなんとか理髪店がどうのとか
なんとか工務店がどうのとか本屋パン屋メシ屋がどうのとか
所帯じみたちっさそうなスケールの本ばかりが眼について、
とてもじゃないけど読む気がしなかった。

そんな中で唯一見付けたここ最近のヒットが本作。
本作収録の短編は既にいくつかアンソロジーで読んではいたのですが、
好きな作家さんの新作ということで手に取ってみた次第。

結論から言うと、かなり面白かった。
「そう来るか!」と純粋に騙され、ミステリならではの快感を
久々に味わうことが出来た。
「ありがとう、ばあば」は純粋に動機に驚いたし、
「姉のように」は端々に違和感を抱いたもののオチは読めず
ラスト1ページで驚愕。
中でも特に「絵の中の男」はトリを飾るだけあって、短編にも関わらず
壮大な読後感を残してくれる。

かなりおすすめです。
是非一読を。

PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
プロフィール
HN:
kovo
性別:
女性
自己紹介:
80年代産の道産子。本と書き物が生きる糧。ミステリ作家を目指し中。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ
フリーエリア
最新コメント
[02/24 kovo]
[02/24 稀乃]
[01/10 kovo]
[01/10 ゆうこ]
[12/14 kovo]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
Copyright © 【イタクカシカムイ -言霊- 】 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]