忍者ブログ
読書&執筆ホリックの書評&書き物ブログ。
[1949]  [1948]  [1947]  [1945]  [1944]  [1942]  [1941]  [1940]  [1932]  [1931]  [1926
「何ならここで、昔の探偵小説ばりに例の『読者への挑戦』でも
挿入してみようか?」



新興宗教団体の教主が殺された。
儀式のために篭もっていた神殿から姿を消し、
頭部と左腕を切断された死体となって発見されたのだ。
厳重な監視の目をかいくぐり、いかにして不可能犯罪は行われたのか。
二ヵ月前、前教主が遂げた奇怪な死との関連は?
真っ向勝負で読者に挑戦する、本格ミステリの会心作。

***

25年前の作品とはいえ。。。
トリックしょぼっ!
散々じらしておいてオチがこれとは。。。
犯人も、「このひとだろうなあ」とすぐ見当がつくひとだったし。。。
冒頭の、教主・光子が何故線路に放置されていたかという謎も
最後にわかるのですが、第一のトリックがしょぼかったぶん
そちらに期待していたのに「何だ、こんなことか」と肩透かし。

叶のキャラがつまらなかったぶん、双子の兄・響の名探偵ぶりだけは
爽快だったけれど、印象に残るほどの名探偵ではなかったな。
そこまで個性もないし。

綾辻氏は好きな作家さんだけど、読んだことを後悔しました。
おすすめしません。
 
PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
プロフィール
HN:
kovo
性別:
女性
自己紹介:
80年代産の道産子。本と書き物が生きる糧。ミステリ作家を目指し中。
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 3 5 6 7
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20
22 23 25 26 27 28
29 30
アーカイブ
フリーエリア
最新コメント
[02/24 kovo]
[02/24 稀乃]
[01/10 kovo]
[01/10 ゆうこ]
[12/14 kovo]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
Copyright © 【イタクカシカムイ -言霊- 】 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]