忍者ブログ
読書&執筆ホリックの書評&書き物ブログ。
[1942]  [1941]  [1940]  [1932]  [1931]  [1926]  [1922]  [1923]  [1763]  [1917]  [1916
あなたが救われる道は一つしかないーー。



別れた妻が殺された。
もし、あのとき離婚していなければ、私はまた遺族になるところだった。
東野圭吾にしか書けない圧倒的な密度と、深い思索に裏付けられた
予想もつかない展開。
私たちはまた、答えの出ない問いに立ち尽くす。

***

久々のレビュー。
数多の本を手に取ってはつまらなくて途中で投げ出す、ということを
繰り返してきましたが、東野作品はさすがというべきか
安定して最後まで読めました。

大作ではないけれどきれいにまとまったミステリ。
死刑制度の是非について書かれた作品ですが、
その制度そのものをうんぬんといった重い描写はなく、
登場人物たちの心情を通して「あなたはどう思う?」と訴えかけてきます。

ただ。。。
「罪を犯した自分なんてもんは盗んだものを食うのがふさわしい」
って考えはどうしても腑に落ちなかった。
罪を償いたいならせめて金払えよ、と。
罪人である自分が「食べる」なんて行為をして生き長らえるのは
許せない、とガリッガリに痩せてるとかならまだ納得がいったのですが。

あと後半、主人公の影が薄くなるのがちょっと。
物語の進展のために動かされているコマの印象が拭えなかったな。

でもそれなりに面白く、相変わらず文章も読みやすいので
あっという間に読み終えました。

結局罪人を罰するにはその人物の一番大切なものを奪う、生きがいを奪う、
というのが私的には最大の方法だと思うのですが、
そんなのはその人物を死刑にするより難しいよな。

ちなみに本作が面白かったひとは、中村文則氏の
「何もかも憂鬱な夜に」がおすすめです。
PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
プロフィール
HN:
kovo
性別:
女性
自己紹介:
80年代産の道産子。本と書き物が生きる糧。ミステリ作家を目指し中。
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 3 5 6 7
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20
22 23 25 26 27 28
29 30
アーカイブ
フリーエリア
最新コメント
[02/24 kovo]
[02/24 稀乃]
[01/10 kovo]
[01/10 ゆうこ]
[12/14 kovo]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
Copyright © 【イタクカシカムイ -言霊- 】 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]