忍者ブログ
読書&執筆ホリックの書評&書き物ブログ。
[1940]  [1932]  [1931]  [1926]  [1922]  [1923]  [1763]  [1917]  [1916]  [1915]  [1913
何かを見ている。――何かを見ている。



真実は「悪夢」の中に隠されている――。
幻惑の極致が待ち受ける道尾ミステリーの頂点!
あの女が、私の眼前で死んだ。かつて父親が犯した殺人に関わり、
行方不明だった女が、今になってなぜ……
真相を求めて信州の寒村を訪ねた私を次々に襲う異様な出来事。
はたして、誰が誰を殺したのか?
薬物、写真、昆虫、地下水路など多彩な道具立てを駆使したトリックで
驚愕の世界に誘う、待望の書下ろし超本格ミステリー!

***

最近文学作品的なものばかり書いていた道尾氏が
やっと氏の本領であるミステリを書いてくれた!
と喜び勇んで読み始めたものの。。。

結論から言うと、二時間ドラマでした。
いかにも深みがありそうな描写が続くけど、
冷静に読めばまったくそうじゃない。
人間の心理描写も浅い上に納得のいかないものばかり。
作者が作中に散りばめたガジェットがうまく絡み合っていなくて
ちぐはぐな印象も受けた。

よかったのはラストシーンだけですが、
それもよくよく考えれば取ってつけたような印象。

もうこのひとにはミステリは書けないのかな。。。と
落胆する一作でした。
大好きな作家のひとりである辻村深月さんもここのところ
文学的になりすぎてミステリは全然だし、
直木賞をとってダメになっていく作家が多い。
それとも受賞するとその手の作風を求められてしまうんだろうか。
昔から好きな作家で唯一今でも期待出来るのは、
直木賞を辞退し未だに文学的作品とミステリを両立して書いている
伊坂幸太郎氏だけになってしまいました。

おすすめしません。
PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
プロフィール
HN:
kovo
性別:
女性
自己紹介:
80年代産の道産子。本と書き物が生きる糧。ミステリ作家を目指し中。
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アーカイブ
フリーエリア
最新コメント
[02/24 kovo]
[02/24 稀乃]
[01/10 kovo]
[01/10 ゆうこ]
[12/14 kovo]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
Copyright © 【イタクカシカムイ -言霊- 】 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]