忍者ブログ
読書&執筆ホリックの書評&書き物ブログ。
[1923]  [1763]  [1917]  [1916]  [1915]  [1913]  [1909]  [1911]  [1908]  [1904]  [1877
もう一人のわたしへ。



霊媒師・アーネストのもとに持ち込まれたのは、
十六年前、画家・藤村透基の屋敷から消えた少女の捜査依頼。
屋敷には渦巻き状の奇妙な回廊があり、最深部には
「持ち主の運命を狂わせる」と噂される人形が飾られている。
依頼を引き受けた友人のことが気にかかって、
若き喫茶店店主の佐貴も藤村邸に同行することに。
年に一度開かれる紫陽花観賞会に招かれた二人の前で、
新たな殺人事件が発生してしまい――。

***

最近のメフィスト賞ってこういうのばっかりだな。
ちょっと不思議を織り交ぜて、ラノベテイストもちょこっと入れて、
でもよくよく読んでみるとあまり大したことないっていう。
霊媒探偵アーネストも、思わせぶりな言動をさんざんしておいて
実際やったことはただのイタコだし。
もっと霊感があるところをバンバン雰囲気たっぷりに描いてほしかった。
それに犯人が「こいつが犯人でもなあ。。。」っていう
さして驚きを感じない人間なので、そのへん綾辻行人氏あたりを
見習ってほしいと思う。
トリックも、クローズドサークルものでは御法度とされている
○○だし。
辻村深月さんや舞城王太郎氏みたいな独特の個性を持つ
メフィスト作家を今後は是非輩出してほしいものです。
まあ本作もミステリとしては一応よくまとまってはいたけど
(ご都合主義なところも多いけどそれはミステリの常だから
まあ眼をつぶるとして)
メフィスト賞を獲るほどかな?という感じだった。
それなりに楽しめた、ぐらいです。
続編が出るらしいですがたぶん読みません。
PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
プロフィール
HN:
kovo
性別:
女性
自己紹介:
80年代産の道産子。本と書き物が生きる糧。ミステリ作家を目指し中。
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アーカイブ
フリーエリア
最新コメント
[02/24 kovo]
[02/24 稀乃]
[01/10 kovo]
[01/10 ゆうこ]
[12/14 kovo]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
Copyright © 【イタクカシカムイ -言霊- 】 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]