忍者ブログ
読書&執筆ホリックの書評&書き物ブログ。
[1957]  [1956]  [1953]  [1952]  [1951]  [1950]  [1949]  [1948]  [1947]  [1945]  [1944
それでも、たしかにそこにある。



ラジオのパーソナリティの恭太郎は、冴えない容姿と“特殊”な声の持ち主。
今夜も、いきつけのバー「if」で仲間たちと過ごすだけの毎日を、
楽しくて面白おかしい話につくり変えてリスナーに届ける。
恭太郎が「if」で不審な音を耳にしたある雨の日、びしょ濡れの美女が
店に迷い込んできた。
ひょんなことから彼女の企てた殺害計画に参加することになる彼らだが――。
陽気な物語に隠された、優しい嘘。驚きと感動のラストが心ふるわす――。

***
 
道尾さんが久々帰ってきた!
と思えた一作。

物語運びはありがちですが、扱っているテーマが秀逸。
道尾さんならではの人間ドラマに、心が震える思いがした。
作中に出てくる、登場人物たちが集まる店「if」の店名も、
オチがわかってから考えてみるとひどく暗示的。

久しぶりに「救われる物語」というものに出会った気がする。
私も最近ひどくつらいことがあったけれど、心の中に、
過ごす世界の端々に、「透明なカメレオン」を飼って今をしのいで
来るべき新しい未来に備えようと思えた。

非常におすすめです。
PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
プロフィール
HN:
kovo
性別:
女性
自己紹介:
80年代産の道産子。本と書き物が生きる糧。ミステリ作家を目指し中。
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
アーカイブ
フリーエリア
最新コメント
[02/24 kovo]
[02/24 稀乃]
[01/10 kovo]
[01/10 ゆうこ]
[12/14 kovo]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
Copyright © 【イタクカシカムイ -言霊- 】 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]