忍者ブログ
読書&執筆ホリックの書評&書き物ブログ。
[1961]  [1962]  [1960]  [1959]  [1958]  [1957]  [1956]  [1953]  [1952]  [1951]  [1950
彼らは時に怪物になる。



片田舎の小学校に、東京から美しい転校生・エリカがやってきた。
エリカは、クラスの“女王"として君臨していたマキの座を脅かすようになり、
クラスメイトたちを巻き込んで、教室内で激しい権力闘争を引き起こす。
スクール・カーストのパワーバランスは崩れ、物語は背筋も凍る、驚愕の展開に――。
伏線が張り巡らされた、少女たちの残酷で切実な学園ミステリー。

***

小学生の塾講師をやっている身として、
「今後子供と接するのが怖くなったらどうしょう。。。」と
ある意味期待して読んでいたのですが。。。
第二部に入った瞬間、
「あ、オチ読めた」。
帯付きのものを買ったのもまずかった。帯に書いてること、
ミステリ読みからしたらネタバレ必至だよ。
文章は非常にうまくてサクサク読めたけど、真相を知っても
驚きはまったくなく。「ああ、この手のミステリね。。。」といった感想しか
浮かばなかった。
著者(女性ふたりのコンビだそうです)もそれを見越して
あらゆるトリックを作中に仕掛けていて、さすがにそれを全部看破するのは
無理だったけど、トリックがてんこ盛りすぎてもうごちそうさま状態。
決して駄作ではないのですが、読むならミステリ初心者だけにしておいたほうが
いいかも。
本作を読むなら、
消失グラデーション/長沢樹
アヒルと鴨のコインロッカー/伊坂幸太郎
GOTH/乙一
を読んだほうがよっぽど楽しめます。

以下ネタバレ書評

オッサンは軽蔑していた小四当時の担任教師の真似をなんでしてるの?
ですます口調とかエンマ帳とか。反面教師にならないか普通?
あと警察をナメすぎ。沼なんかどんな偽装工作をしようが真っ先に探すだろ。
子供たち一人ひとりに事情聴取も細かくするだろうし、誰かしらがボロを
出すはず。
あと第一部と第二部でマキの性格が変わりすぎていて別人だとすぐにわかる。
テツがいないのも不自然だった。引っ越したっていうミスリードを狙っていた
みたいだけど、それなら第一部で伏線を張っておくべき。
このミス大賞受賞作で好きなものは今までないけど、
本作もなんだかなあ。。。という感じだった。
PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
プロフィール
HN:
kovo
性別:
女性
自己紹介:
80年代産の道産子。本と書き物が生きる糧。ミステリ作家を目指し中。
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アーカイブ
フリーエリア
最新コメント
[02/24 kovo]
[02/24 稀乃]
[01/10 kovo]
[01/10 ゆうこ]
[12/14 kovo]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
Copyright © 【イタクカシカムイ -言霊- 】 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]