忍者ブログ
読書&執筆ホリックの書評&書き物ブログ。
[1998]  [1997]  [1995]  [1994]  [1993]  [1992]  [1991]  [1990]  [1989]  [1988]  [1987


「とにかくこの小説を世に出すべきだと思いました」
伊坂幸太郎激賞、圧倒的デビュー作。
動物のレプリカをつくる工場に勤める往本は、残業中の深夜、
動くシロクマを目撃する。だが野生のシロクマは、とうに絶滅したはずだった――。
不条理とペーソスの息づく小説世界、卓越したユーモアと圧倒的筆力。
選考委員の伊坂幸太郎、貴志祐介、道尾秀介から絶賛を浴びた、
第二回新潮ミステリー大賞受賞作にして超問題作。

***

何ページあろうと一晩で読み切ってしまうような
圧倒的なエンタメミステリが読みたい。
その希望はもろくも打ち砕かれました。

文学性は確かにある作品だけど、はっきり言って面白くない。
先が読めないというのも、ただ荒唐無稽だからというだけだし。

何よりこれはミステリじゃない。
新潮「ミステリ」大賞でこれはないんじゃないかと。

何にも増して思ったのが、本作は
映画「スカイ・クロラ」「月に囚われた男」にテーマが酷似しているということ。
目新しくも何ともない。
読後既視感以外何の感情も湧かなかった。

「自我」という言葉がやたらと作中に出てきたあたりから、
本作のタイトルとも相まってオチは読めたし。

出版不況の今だからこそ万人に受け入れられるエンタメを
輩出するべきなのに、こんな中途半端な文学作品を世に出して
選考委員は何がしたかったんだろう?

おすすめしません。
PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
プロフィール
HN:
kovo
性別:
女性
自己紹介:
80年代産の道産子。本と書き物が生きる糧。ミステリ作家を目指し中。
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アーカイブ
フリーエリア
最新コメント
[02/24 kovo]
[02/24 稀乃]
[01/10 kovo]
[01/10 ゆうこ]
[12/14 kovo]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
Copyright © 【イタクカシカムイ -言霊- 】 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]