忍者ブログ
読書&執筆ホリックの書評&書き物ブログ。
[2001]  [2000]  [1996]  [1998]  [1997]  [1995]  [1994]  [1993]  [1992]  [1991]  [1990


懲戒免職処分になった元警視庁の敏腕刑事が作成した
〈完全犯罪完全指南〉という裏ファイルを入手し、完全犯罪を目論む4人の殺人者。
「春は縊殺」「夏は溺殺」「秋は刺殺」「冬は氷密室で中毒殺」。
心証は真っ黒でも物証さえ掴ませなければ逃げ切れる、
と考えた犯人たちの練りに練った偽装工作を
警視庁捜査一課の海埜刑事はどう切り崩すのか?
一体彼らはどんなミスをしたのか。

***

二時間ドラマをちょっと深くした内容。
「へえ、この殺し方じゃこういうところからボロが出るのか」
と大いに参考になった(小説を書く上で)。
最後のどんでん返しは想定の範囲内だったけど、そのあと更に続く
ふたたびのどんでん返しにはちょっとびっくり。爽快だった。

四人の犯人には動機にもキャラにもそれぞれ特徴があって、
ラストで刑事・海埜にやり込められる様は爽快だったりほんのり悲しかったり、
著者がコメントで書いているように「犯人側のドラマも書けるからいい」
と言っていたとおり、倒叙ものとしてよく出来ている。
まあもちろん、「おいおい犯人それじゃ失敗するだろ」と最初から
わかってしまう話も中にはあるわけだけど。

それにしても深水氏、読みづらい漢字をところどころに使うのと
蘊蓄がややうるさいクセはどうやっても直らないんだろうか。
まあ別にいいけど。

割とおすすめです。
古畑任三郎とか好きなひとは特に。
海埜は古畑ほどキャラ立ってないからそこだけが不満だったかな。
PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
プロフィール
HN:
kovo
性別:
女性
自己紹介:
80年代産の道産子。本と書き物が生きる糧。ミステリ作家を目指し中。
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 3 5 6 7
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20
22 23 25 26 27 28
29 30
アーカイブ
フリーエリア
最新コメント
[02/24 kovo]
[02/24 稀乃]
[01/10 kovo]
[01/10 ゆうこ]
[12/14 kovo]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
Copyright © 【イタクカシカムイ -言霊- 】 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]