忍者ブログ
読書&執筆ホリックの書評&書き物ブログ。
[1996]  [1998]  [1997]  [1995]  [1994]  [1993]  [1992]  [1991]  [1990]  [1989]  [1988


ボランティア仲間の輪に入れない、子育て中の奈津子。
たとえば、いますぐわたしに子どもができれば―。助産院の事務をしながら、
不妊と夫の不実に悩む紗英。
二人の異常なまでの密着が、運命を歪に変えてゆく。
そして、紗英の夫が殺されて見つかった。
女2人の、異常なまでの密着、歪な運命。
気鋭の新人が放つ心理サスペンス!

***

最近これとオチもテーマも丸かぶりな作品を読んだので
よくある話なんだなあと。
「わたしを離さないで」と酷似した話も今まで何度も読んできたしな。

女性に関する(物理的に)生々しい描写が多いので胸が悪くなった。
そして著者のテーマにしたいところはわかるけど、そこが
描ききれていない印象を受けた。
だいたい、殺された人間の死因って、解剖すればすぐにわかって
それは遺族に知らされるものなんじゃないのか?
紗英が最後までそれに気付かなかったのは不自然。
不自然と言えば奈津子が紗英の悩みを知るタイミングも。不自然というか
ご都合主義。

芦沢作品はうまくて面白いんだけど、いつもあと一歩何かが足りないんだよなあ。
でも割と好きなのでこれからも読むと思いますが。

まあまあおすすめかな。
PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
プロフィール
HN:
kovo
性別:
女性
自己紹介:
80年代産の道産子。本と書き物が生きる糧。ミステリ作家を目指し中。
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 3 5 6 7
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20
22 23 25 26 27 28
29 30
アーカイブ
フリーエリア
最新コメント
[02/24 kovo]
[02/24 稀乃]
[01/10 kovo]
[01/10 ゆうこ]
[12/14 kovo]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
Copyright © 【イタクカシカムイ -言霊- 】 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]