忍者ブログ
読書&執筆ホリックの書評&書き物ブログ。
[1991]  [1990]  [1989]  [1988]  [1987]  [1986]  [1985]  [1964]  [1984]  [1983]  [1982


中学生の悠真は、莫大な資産を持つ大面グループの総帥・幸子に引き取られた。
7人の異母兄姉と5人の叔父・叔母との同居生活は平和に営まれたが、
幸子が死亡し、不可解な遺言状が見つかって状況は一変する。
遺産相続人13人の生死によって、遺産の取り分が増減するというのだ。
しかも早速、事件は起きた。
依頼を受けた俊一郎は死相を手掛かりに解決を目指すが、
次々と犠牲者が出てしまい――。
大好評シリーズ第5弾!!

***

なんだこれ。
素人の作品かと思ったわ。
魅力のない登場人物、伏線もなく突然明かされるしょぼい真実、
ラノベ以下、なんて表現も失礼などうでもいいストーリー展開。
三津田信三ってこんなレベル低いもの書くひとだったっけ?
黒術師とかいうのを出せば何でもありなのか?
どうやって被害者を殺害したのかも、どういう理由で殺害したのかも、
一切書かれておらず全部「黒術師にそそのかされたからです」って
これじゃ何でもありだろ。
シリーズものの第五弾をいきなり読んだせいだけじゃく、
主人公の探偵役に惹きつけられる要素が何もないし。
(本当に魅力的な探偵は、シリーズの途中から読んでもやっぱり魅力的。
御手洗然り、火村然り)

言葉は悪いがクソでした。
新年早々こんなもん読まされて不快になった。
途中でやめればよかった。
PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
プロフィール
HN:
kovo
性別:
女性
自己紹介:
80年代産の道産子。本と書き物が生きる糧。ミステリ作家を目指し中。
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アーカイブ
フリーエリア
最新コメント
[02/24 kovo]
[02/24 稀乃]
[01/10 kovo]
[01/10 ゆうこ]
[12/14 kovo]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
Copyright © 【イタクカシカムイ -言霊- 】 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]