忍者ブログ
読書&執筆ホリックの書評&書き物ブログ。
[1987]  [1986]  [1985]  [1964]  [1984]  [1983]  [1982]  [1981]  [1978]  [1977]  [1975
私の死は、他殺ですか?



2015年1月、大阪・中之島の小さなホテル“銀星ホテル”で
一人の男・梨田稔(69)が死んだ。警察は自殺による縊死と断定。
しかし梨田の自殺を納得しない人間がいた。
同ホテルを定宿にする女流作家・影浦浪子だ。
梨田は5年ほど、銀星ホテルのスイートに住み続け、
ホテルの支配人や従業員、常連客から愛され、しかも
2億円以上預金残高があった。
影浦は、その死の謎の解明をミステリ作家の有栖川有栖と
その友人の犯罪社会学者・火村英生に依頼。
が、調査は難航。梨田は身寄りがない上、来歴にかんする手がかりが
ほとんどなく人物像は闇の中で、その人生は
「鍵の掛かった」としか言いようがなかった。
生前の彼を知る者たちが認識していた梨田とは誰だったのか?
結局、自殺か他殺か。他殺なら誰が犯人なのか?
思いもしない悲劇的結末が関係者全員を待ち受けていた。
“火村英生シリーズ”13年ぶりの書き下ろし!
人間の謎を、人生の真実で射抜いた、傑作長編ミステリ。

***

御手洗潔は年月と共に歳を取るのに火村とアリスは2015年現在でも
34歳のままなのね。なんか違和感。

。。。ということはまあいいとして。
伏線が綺麗に散りばめられた、さすがベテランと言える一作だと思う。
ここまで被害者にスポットを当てたミステリも珍しいし。
でも、被害者の過去がわかっても特に響いてこないんだよなあ。
小奇麗に小さくまとまった感じで心をうつものがないというか。
火村がほとんど活躍してないのも物足りなさの一因。
火村も御手洗もそうだけど、初期のころばんばん活動してた名探偵って
何でシリーズの途中から安楽椅子探偵みたいになっちゃうんだろう。
ほとんど動かない。出番もない。ワトソン役ばっかり駆けずり回ってる。
最終章「真相」も、「えーそれだけのことでここまで?」と
納得いきづらいものがあった。

久々の火村シリーズということでかなり期待していたのですが。。。
駄作ではないけれど540Pもかけて読む必要があったのかと思わざるを得ない。
著者はどこまで火村の過去を隠したままこのシリーズを引っ張る気なんだ。

あまりお勧めしないかな。
本格ものならもっといいものがほかにたくさんあります、この著者には。
PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
プロフィール
HN:
kovo
性別:
女性
自己紹介:
80年代産の道産子。本と書き物が生きる糧。ミステリ作家を目指し中。
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 3 5 6 7
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20
22 23 25 26 27 28
29 30
アーカイブ
フリーエリア
最新コメント
[02/24 kovo]
[02/24 稀乃]
[01/10 kovo]
[01/10 ゆうこ]
[12/14 kovo]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
Copyright © 【イタクカシカムイ -言霊- 】 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]