忍者ブログ
読書&執筆ホリックの書評&書き物ブログ。
[1955]  [1965]  [1963]  [1961]  [1962]  [1960]  [1959]  [1958]  [1957]  [1956]  [1953
だってどんな愛情だって、伝えられないこと以上の不幸はないでしょう?



俺は君を食べるし、食べたし、今も食べてるよ――。
魔に立ち向かい、往還する愛と祈り!
友達の部屋に現れた黒い影。
屋根裏に広がる闇の穴。
正体不明の真っ暗坊主。
そして私は、存在しない存在。“魔” に立ち向かうあなたを、
ずっと見つめていることしかできない。
最愛の人がこんなに近くにいたことに気づいたのは、
すべてが無くなるほんの一瞬前だった……。
集大成にして新たな幕開けを告げる舞城史上最強長篇!

***

舞城氏は大好きな作家さんですが、今回はパンチがなかったような。。。
読み終えたあと何も心に残らない。
何だか表現が中途半端な気がした。
何度も芥川賞候補になっている作家さんですが、本作での
ノミネート・受賞は厳しいと言わざるを得ない。
舞城氏らしくなく平凡なんだもの。
会話のリアルさ、小気味よさも、同著者の「キミトピア」収録の
「やさしナリン」ほどではないし、
作品自体の面白さも「阿修羅ガール」には遠く及ばない。
正直「読んだ時間を返してほしい」とさえ思ってしまった。
Amazonなんかのレビューを見ると高評価のようですが、
ステマじゃないの?と勘ぐる始末。

あまりおすすめしません。
何だかほんと、最近好きな作家さんがどんどんつまらなくなっていくなあ。。。
本作に出てくる「はらわた袋」よりそっちのほうが
私にとってはホラーだよ。
PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
プロフィール
HN:
kovo
性別:
女性
自己紹介:
80年代産の道産子。本と書き物が生きる糧。ミステリ作家を目指し中。
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 3 5 6 7
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20
22 23 25 26 27 28
29 30
アーカイブ
フリーエリア
最新コメント
[02/24 kovo]
[02/24 稀乃]
[01/10 kovo]
[01/10 ゆうこ]
[12/14 kovo]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
Copyright © 【イタクカシカムイ -言霊- 】 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]