忍者ブログ
読書&執筆ホリックの書評&書き物ブログ。
[1978]  [1977]  [1975]  [1974]  [1972]  [1969]  [1971]  [1968]  [1967]  [1955]  [1965
けれど、今は眠ろう。



二〇〇一年、新聞社を辞めたばかりの太刀洗万智は、
知人の雑誌編集者から海外旅行特集の仕事を受け、
事前取材のためネパールに向かった。
現地で知り合った少年にガイドを頼み、穏やかな時間を過ごそうとしていた矢先、
王宮で国王をはじめとする王族殺害事件が勃発する。
太刀洗はジャーナリストとして早速取材を開始したが、
そんな彼女を嘲笑うかのように、彼女の前にはひとつの死体が転がり…。
「この男は、わたしのために殺されたのか?あるいは―」
疑問と苦悩の果てに、太刀洗が辿り着いた痛切な真実とは?
『さよなら妖精』の出来事から十年の時を経て、
太刀洗万智は異邦でふたたび、自らの人生をも左右するような大事件に遭遇する。
二〇〇一年に実際に起きた王宮事件を取り込んで描いた壮大なフィクションにして、
米澤ミステリの記念碑的傑作!

***
 
よく言えばリアル。ドキュメンタリーでも読んでいるような
真に迫るものがある。
でも悪く言えばその分ドラマがない。小説を読んでいるという感じがしない。
読書家の知人が著者のことを「サラリーマン小説家」と言っていたけれど、
確かにそうなんだよな。真面目で固くて大胆さがなく、こぢんまりとまとまっている。

ところどころにはっとさせられる言葉は確かにあるものの、
先が気になってページを繰る手が止まらない、というリーダビリティは
なかった。
巧いとは思うけど、読書で得られるカタルシスもなし。
繰り返すけれど、本当にドキュメンタリーを読んでいる感じ。

物語のほとんどが主人公のモノローグというのもきつかった。

カトマンズの街をよく描けているということと、著者が記者という職業について
びっくりするぐらい深く理解している、ということだけは称賛に値するけれど。

良作ではありますが感動するほどではなかったな。
ドキュメンタリーに興味があるひとは読んでみてもいいかも、ぐらい。
PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
プロフィール
HN:
kovo
性別:
女性
自己紹介:
80年代産の道産子。本と書き物が生きる糧。ミステリ作家を目指し中。
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アーカイブ
フリーエリア
最新コメント
[02/24 kovo]
[02/24 稀乃]
[01/10 kovo]
[01/10 ゆうこ]
[12/14 kovo]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
Copyright © 【イタクカシカムイ -言霊- 】 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]