忍者ブログ
読書&執筆ホリックの書評&書き物ブログ。
[1984]  [1983]  [1982]  [1981]  [1978]  [1977]  [1975]  [1974]  [1972]  [1969]  [1971
死刑台から連れ戻す。



犯行時刻の記憶を失った死刑囚。
その冤罪を晴らすべく、刑務官・南郷は、前科を背負った青年・三上と共に
調査を始める。だが手掛かりは、死刑囚の脳裏に甦った「階段」の記憶のみ。
処刑までに残された時間はわずかしかない。
2人は、無実の男の命を救うことができるのか。
江戸川乱歩賞史上に燦然と輝く傑作長編。

***

発売当初に読んだのですがほどよく内容を忘れていたので再読。
一気に読みました。面白かった。
死刑制度の是非という深いテーマを孕みつつ、しっかりエンタメしていて
さすが「幽霊人命救助隊」を書いたひとだと思わせられるユーモアも
織り挟まれている。犯人も最後まで読めない。
非常に楽しく物語世界に没入することが出来た。

ただ、何でそうなる?と首をひねるところや、
これ現実世界だったら即バレだろ、と突っ込みたくなるところなど
瑕疵は多々あったけれど。
そして主人公のひとりである南郷。夢に見てうなされるぐらい
自分のしたことに苦しんでいるくせにラストであれはおかしいだろ、と
ちょっと心理がわからないところもあったり。

でもそんなのも気にならないぐらいしっかりがっつり書かれた物語で、
今まで読んだ乱歩賞受賞作の中では抜きん出た出来の作品だと思う。

おすすめです。
再読してよかった。
PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
プロフィール
HN:
kovo
性別:
女性
自己紹介:
80年代産の道産子。本と書き物が生きる糧。ミステリ作家を目指し中。
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アーカイブ
フリーエリア
最新コメント
[02/24 kovo]
[02/24 稀乃]
[01/10 kovo]
[01/10 ゆうこ]
[12/14 kovo]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
Copyright © 【イタクカシカムイ -言霊- 】 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]