忍者ブログ
読書&執筆ホリックの書評&書き物ブログ。
悪意のある祭のように。



ある町で発生した連続通り魔殺人事件。
所轄の刑事・中島と捜査一課の女刑事・小橋は
目撃証言による“コートの男”を追う。
しかし事件は、さらなる悲劇の序章に過ぎなかった。
“コートの男”とは何者か。誰が、何のために人を殺すのか。
翻弄される男女の運命。神にも愛にも見捨てられた人間を、
人は救うことができるのか。

いま世界が注目する人気作家。
デビューから13年、著者が初めて挑む警察小説。
人間存在を揺さぶる驚愕のミステリー!

***

うーん。。。
「去年の冬、きみと別れ」以降、振るわないなあ中村さん。
ミステリ小説というには純文純文しすぎてるし。
前半の刑事パートと後半の犯人パートで作風が全然違うのも
「え? 同じ作品?」と違和感を抱いた。
太字と傍点で文章を強調する手法もくどいし、
「鼓動が速くなっていく」っていう文章なんかもう何回出てきたことか。
ミステリとして読んでも純文学として読んでも中途半端な感は否めなかった。
しかも殺人まで犯そうってひとがソラナックスごときで精神安定しないって。
警察の描き方も本職のミステリ作家の描写に比べたら陳腐だし、
中村さんが得意とする深い人間の心の描き方もマンネリ化してきた感じがする。
中村さんの作品の主人公は、常に自分を見ている第三者(神のようなもの)がいて、
その存在に自分という存在を暴かれることを恐れている人物が多いけれど、
今回もやはりそういうキャラだったし。

敬愛する作家さんの作品が落ちていくのを見るのはつらい。
次回作こそはと期待する気持ちがあるけど、それもつまらなかったら
もう彼の作品は買わないかもしれないな。
あまりおすすめしません。
PR
耐えがたい苦痛。



『その女アレックス』の刑事たちのデビュー作

連続殺人の捜査に駆り出されたヴェルーヴェン警部。
事件は異様な見立て殺人だと判明する…掟破りの大逆転が待つ鬼才のデビュー作。

***

苦手だった翻訳ものをこんなに面白く読めたのは、この著者だからこそ。
ここ数日は、寝る前に本作を読むことだけを楽しみに日々を過ごしていました。
読み終えてしまったのが残念なほど。

「その女アレックス」並にエンタメ性があるけれど、
構成力の妙はアレックスとは比較になりません。
物書きの端くれとして「こんな表現の仕方があったのか!」と
唸らされた。

刑事たちは皆個性的で魅力的、警察ものですが
日本人作家がするように無駄に警察機構についてだらだらと描写することがなく、
文章に無駄がない。
常に緊迫した状態の中、随所に入るユーモアがいい具合に肩の力を抜いてくれる。
犯人は最後まで読めず、伏線の回収も素晴らしく、ラストシーンのインパクトと
いったらない。
外国の有名な賞を四つとっている本作ですが、それも頷けると思った。
非常に面白かった。

おすすめです。
ちなみに「その女アレックス」の前作にあたるので、
こちらを先に読んでからアレックスを読むのがおすすめ。
そのほうが圧倒的に面白く読めます。

ちなみに先日著者、ルメートル氏のトーク会に行ってきたのですが、
とても気さくで楽しい方で、私の拙い英語にも笑顔で応えてくれました。
握られた手が温かかったな。



記念写真。宝物。
呼吸の仕方を間違えないように。



怪談には死者の“思い”が込められている。
人の喪失に寄り添ってきた文学に、辻村深月が心血を注ぎ込んだ。
失った“大切な誰か”を思い出して読んでほしいと願いながら。
辻村深月の新境地!絆を感じる傑作短篇集。

★収録作品★

 十円参り
 手紙の主
 丘の上
 殺したもの
 スイッチ
 私の町の占い師
 やみあかご
 だまだまマーク
 マルとバツ
 ナマハゲと私
 タイムリミット
 噂地図
 七つのカップ

***

ふちなしのかがみに続く、辻村さんのホラー短編集。
最近は辻村さんの著作に幻滅を感じる一方だったけれど、
本作はなかなか楽しめたと思う。
ホラーにしてはオチらしきオチのない物語が多いけれど、
(というか読者の想像に委ねるものが多いけれど)
それがかえって怖さを増す。
個人的に怖かったのは「手紙の主」「丘の上」「やみあかご」。
「だまだまマーク」と「ナマハゲと私」はよくある話。
それにしても、このひとは学生を書かせたら天下一品なのに
主婦を主人公にした話をたくさん書くようになっちゃったなあ。
思春期の人間の心の機微を描くのがとても上手な作家さんなのに。
やっぱり自分とダブらせてるんだろうけど、ちょっと残念。

でもまあおすすめです。

ほかのところがあるのなら。



おまえが死ぬのを見たい――男はそう言ってアレックスを監禁した。
檻に幽閉され、衰弱した彼女は、死を目前に脱出を図るが…しかし、
ここまでは序章にすぎない。
孤独な女アレックスの壮絶なる秘密が明かされるや、物語は大逆転を繰り返し、
最後に待ち受ける慟哭と驚愕へと突進するのだ。
イギリス推理作家協会賞受賞作。

***

翻訳ものを死ぬほど読む読書ホリックの知人に勧められて手にした一冊。
日本人ならではの文体を大事にして読みたい私は翻訳ものは好きでは
なかったんですが。。。

いやー、面白かった。

訳者の橘明美さんの腕がいいのか、翻訳ものを読んでいる感じがしない。
文章もわかりやすく、内容もエンタメエンタメしていて先が読めず
どんどん読み進められる。
アレックスには最初からどこか寂しい空気があって、どうしてだろうと
思っていたらあのラスト。
爽快感と哀しさが全身を貫いたな。

妙な男に誘拐され、拉致監禁されてひどい目に遭ったアレックスが、
実は。。。
という、ちょっとでも内容を明かせば即ネタバレになってしまうこの物語、
多くは語れませんが、ミステリファンには是非おすすめの一作。
手に取ってみてください。

個人的にはラストのアルマンが好きだったなあ。そっちにも感動。
死刑台から連れ戻す。



犯行時刻の記憶を失った死刑囚。
その冤罪を晴らすべく、刑務官・南郷は、前科を背負った青年・三上と共に
調査を始める。だが手掛かりは、死刑囚の脳裏に甦った「階段」の記憶のみ。
処刑までに残された時間はわずかしかない。
2人は、無実の男の命を救うことができるのか。
江戸川乱歩賞史上に燦然と輝く傑作長編。

***

発売当初に読んだのですがほどよく内容を忘れていたので再読。
一気に読みました。面白かった。
死刑制度の是非という深いテーマを孕みつつ、しっかりエンタメしていて
さすが「幽霊人命救助隊」を書いたひとだと思わせられるユーモアも
織り挟まれている。犯人も最後まで読めない。
非常に楽しく物語世界に没入することが出来た。

ただ、何でそうなる?と首をひねるところや、
これ現実世界だったら即バレだろ、と突っ込みたくなるところなど
瑕疵は多々あったけれど。
そして主人公のひとりである南郷。夢に見てうなされるぐらい
自分のしたことに苦しんでいるくせにラストであれはおかしいだろ、と
ちょっと心理がわからないところもあったり。

でもそんなのも気にならないぐらいしっかりがっつり書かれた物語で、
今まで読んだ乱歩賞受賞作の中では抜きん出た出来の作品だと思う。

おすすめです。
再読してよかった。
君たちは狂っている。



妻は言った。「あたしが殺したのよ」
―湖畔の別荘には、夫の愛人の死体が横たわっていた。
四組の親子が参加する中学受験の勉強合宿で起きた事件。
親たちは子供を守るため自らの手で犯行を隠蔽しようとする。
が、事件の周囲には不自然な影が。
真相はどこに?
そして事件は思わぬ方向に動き出す。
傑作ミステリー。

***

技巧やトリックで魅せる作家さんだと思うのですが、
本作は登場人物の心理描写が細かくされていて新鮮だった。
けっこう昔にはこういう作品も書いてたんだな。

冒頭から主人公の肩こり描写がけっこう出てくるので
これは何かの伏線だろうなと思っていたらラストでこう来るとは。。。
後味は悪いかも知れないけれど私的にはとても好きなラストです。

前にこれの映画版をぼんやりと見てて途中で寝たのだけど
それでよかったと思う。
知人が映画は駄目だと言っていたしこの衝撃は原作でしか
味わえないと思うから。

おすすめです。
忘れない。



その日、兄とあたしは、必死に山を登っていた。
見つけたくない「あるもの」を見つけてしまうために。
あたし=中学生の山田なぎさは、子供という境遇に絶望し、
一刻も早く社会に出て、お金という“実弾”を手にするべく、自衛官を志望していた。
そんななぎさに、都会からの転校生、海野藻屑は何かと絡んでくる。
嘘つきで残酷だが、どこか魅力的な藻屑となぎさは序々に親しくなっていく。
だが、藻屑は日夜、父からの暴力に曝されており、ある日―。
直木賞作家がおくる、切実な痛みに満ちた青春文学。

***

黒人の歌うブルースに似た話だと思う。
恵まれない境遇の自分を慰めるために、
「母親は美人で父親は金持ち」と歌うブルース。

物語の冒頭にはバラバラ死体で発見された海野藻屑の新聞記事が
提示され、
物語はその結末に向けて淡々と、けれど確実に進行していく。
苦しい境遇に立ち向かうために、藻屑は自分の痛ましい環境を
「自分は人魚だ」と言い張ることでかろうじて乗り越えていく。

藻屑が最後になぎさと出会えてよかったのだとは思えても、
結末はやはり、やるせない。
自分が過去に出したヒット曲に縛られた父親による虐待から、
どうしても逃げ切ることが出来ない。

私は小学生の塾の講師をしているけれど、中には
どこかまっとうでない母親の配下で怯えている子もいたりして、
どうにかして救えないものかとせめて目いっぱい愛情を注ぐように
しているけれど、私の手の届かないところでこういう目に遭い
それでも生き抜くために藻屑のような悲しい想像をして自分の世界を
誤魔化している子がいるかと思うと胸が痛かった。

起伏のほとんどない物語だけど、読んでよかったと思えた。
こういう子が少しでも救われればいいと思う。
「それが嫌なら、火星にでも行って、住むしかない」
 


住人が相互に監視し、密告する。
危険人物とされた人間はギロチンにかけられる―身に覚えがなくとも。
交代制の「安全地区」と、そこに配置される「平和警察」。
この制度が出来て以降、犯罪件数が減っているというが…。
今年安全地区に選ばれた仙台でも、危険人物とされた人間が、
ついに刑に処された。
こんな暴挙が許されるのか?そのとき!
全身黒ずくめで、謎の武器を操る「正義の味方」が、
平和警察の前に立ちはだかる!

***

「死神の精度」を読んでいたので、また、
これまでの伊坂氏の著作の傾向から、
「犯人」とオチには即刻見当がついてしまった。
トリックに騙されることはなかった。
構成はよく寝られているけれど、練り込みすぎていて
若干わかりにくく、真相がわかったときも「そうだったのか!」と
驚くことはなかった。
蘊蓄が多く読むのが面倒くさくなってきて読書スピードも落ちた。
要するにあまり面白くなかった。
ちょっと特殊な日本が設定なので現実味がなかったというのも
リーダビリティを失わせた要因になっていた(その点で言えば
私は「オーデュボンの祈り」もあまり好きではない)。
もっと初期のころの、普通の日本を舞台にした、でも一風変わった
ミステリを書いてほしいものだと思う。
「終末のフール」は隕石が三年後に落ちてくる日本、という世界観で
書かれていたけれど面白かった。。。のは、登場人物の描写や
迫り来る終末がしっかりと書かれていてその世界に容易に入っていくことが
出来たからなんだろうな。
悪を捕まえる平和警察がいいひとばかりを捕まえて
本当の悪人を誰ひとり捕まえてないのも違和感があった。
いいひとを捕まえるからこそ平和警察の「悪」が目立つのだから
伊坂氏はそれを狙っているんだろうけど、一応警察なんだから
普通に悪人も捕まえとかなきゃおかしいだろ。
それとも捕まえてるんだけど敢えて描写されてないだけなんだろうか?

伊坂氏は大好きな作家さんですが今回は楽しめなかった。
次回作に期待。
けれど、今は眠ろう。



二〇〇一年、新聞社を辞めたばかりの太刀洗万智は、
知人の雑誌編集者から海外旅行特集の仕事を受け、
事前取材のためネパールに向かった。
現地で知り合った少年にガイドを頼み、穏やかな時間を過ごそうとしていた矢先、
王宮で国王をはじめとする王族殺害事件が勃発する。
太刀洗はジャーナリストとして早速取材を開始したが、
そんな彼女を嘲笑うかのように、彼女の前にはひとつの死体が転がり…。
「この男は、わたしのために殺されたのか?あるいは―」
疑問と苦悩の果てに、太刀洗が辿り着いた痛切な真実とは?
『さよなら妖精』の出来事から十年の時を経て、
太刀洗万智は異邦でふたたび、自らの人生をも左右するような大事件に遭遇する。
二〇〇一年に実際に起きた王宮事件を取り込んで描いた壮大なフィクションにして、
米澤ミステリの記念碑的傑作!

***
 
よく言えばリアル。ドキュメンタリーでも読んでいるような
真に迫るものがある。
でも悪く言えばその分ドラマがない。小説を読んでいるという感じがしない。
読書家の知人が著者のことを「サラリーマン小説家」と言っていたけれど、
確かにそうなんだよな。真面目で固くて大胆さがなく、こぢんまりとまとまっている。

ところどころにはっとさせられる言葉は確かにあるものの、
先が気になってページを繰る手が止まらない、というリーダビリティは
なかった。
巧いとは思うけど、読書で得られるカタルシスもなし。
繰り返すけれど、本当にドキュメンタリーを読んでいる感じ。

物語のほとんどが主人公のモノローグというのもきつかった。

カトマンズの街をよく描けているということと、著者が記者という職業について
びっくりするぐらい深く理解している、ということだけは称賛に値するけれど。

良作ではありますが感動するほどではなかったな。
ドキュメンタリーに興味があるひとは読んでみてもいいかも、ぐらい。
彼女は計算して奇跡を起こす。



円華という若い女性のボディーガードを依頼された元警官の武尾は、
行動を共にするにつれ彼女には不思議な《力》が備わっているのではと、
疑いはじめる。
同じ頃、遠く離れた2つの温泉地で硫化水素による死亡事故が起きていた。
検証に赴いた地球化学の研究者・青江は、双方の現場で謎の娘・円華を目撃する――。
価値観をくつがえされる衝撃。物語に翻弄される興奮。
作家デビュー30年、80作目の到達点。

***

密室で硫化水素を発生させて殺人をするならまだしも、
大自然の空の下でそれが出来るのか?
しかも偶然に頼ることなく二回も。。。
という導入には非常に惹かれましたが、真相が。。。
そりゃ実際誰にでもこんな犯罪が可能なら小説になんか出来ないけどさ。
でも何だかがっかりしてしまった。

ラストであのひとが自殺した原因も、何となくわかりはするんだけど
説明不足。読者の想像に委ねるには想像力を必要としすぎている感があった。

あと大元の黒幕の殺人動機が陳腐すぎ。
人間は「完璧」などではなく「歪み・欠落」にこそ魅力があるのに、
そんなこともわからないでよくそんな職種に就けたなあんた、って感じだった。

構成の妙はさすがだと思ったけど、
この著者の著作に限っていえば私の中で「白夜行」を超す作品は
未だ生み出されていません。
あれほどの傑作をまた書いてほしい。そう願ってやみません。

東野氏の作品にしてはふるわないな、というのが感想。
あまりおすすめしないかな。
プロフィール
HN:
kovo
性別:
女性
自己紹介:
80年代産の道産子。本と書き物が生きる糧。ミステリ作家を目指し中。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ
フリーエリア
最新コメント
[02/24 kovo]
[02/24 稀乃]
[01/10 kovo]
[01/10 ゆうこ]
[12/14 kovo]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
Copyright © 【イタクカシカムイ -言霊- 】 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]